ダンスの衣装。。。


今回はダンスの衣装についてお話します。

まず社交ダンスの衣装はほとんど専門のドレス屋さんの手づくりです。

その人の体型にぴったり合ったものを作って貰います。
(作ってから太ると着れなくなります

価格の相場はラテンの場合、男性15~20万、女性20~25万、
モダンの場合、男性20~30万、女性30~50万位でしょうか。

デコレーションで全然値段が変わります。
石をいっぱい使ったり、凝ったデザインにすると高くなります。

モダンの衣装で100万円を越える場合もあります。

1年間で何着か作りますのでお金もかかりますね。

衣装を作る時、デザイナーにほとんどまかせてしまう人も少なくないです。

私達は自分達でデザインを考えます。
その時のテーマを決めてデザイナーとしっかり話し合います。

ファッションショーや女性雑誌などで流行にも気を使います。

作る時に気をつけたいのは、踊ってどう見えるかです。
あと自分に似合っているか、踊り方に合ってるかなど…

スタイルが良く見えるよう、パットなども使います。
(無いとこは作れるんだけどね…)

個人的なポイントは目立つ事!人と同じじゃつまらない。
とは言っても、ただ奇抜にすればいいってもんじゃない。

その辺のバランスが難しいです。

女性の衣装はどこかセクシーにしたいですね。
(足りない部分は衣装でカバー?)
やり過ぎると下品になってしまいます。

基本となるデザインを決め7~10日後に仮縫いです。
ここで最終的なデザイン、デコレーションを決めます。

私はミリ単位で指示します、一切妥協しません。
時には最初から全部やり直しになる事もあります。
(衣装屋さん、ごめんなさい)

女性の小物なども作ります。
衣装に合わせて、髪飾り、ピアス、ネックレス、ブレスレットなど…

打ち合わせから約1ヶ月後、最終的なチェックをして完成です。

こだわって作りますので、思っていた通りの衣装が出来た時は
すっごく嬉しいです!
それを着て、早く踊ってみたくなります。

いつもこんな感じで衣装を作ってます。
大変だけど楽しいです。。。

たまにはクリック!

最新情報をチェックしよう!

◆ダンスの衣装の最新記事8件