リード上手になりたい人は…。。。

『夏のキャンペーンのお知らせ』(←クリック!)
■2019年 8月 1日(木)~8月17日(土)
○入会金、通常5,000円が無料!
○各種グループレッスン1回分(約50分)…無料!
○体験個人レッスン2回分以上(約55分)…無料!
○ポイント購入で「ラテンレッスンDVD」プレゼント!

※皆さまのお越しをお待ちしています♪

石川です。

今回はラテンにおけるリードの話し。

男性の多くはリードをしようと思って腕を使ってしまいやすいです。

本当は自分の身体(ボディ)でリードするのです。

とは言っても、正直なところ腕は使います(笑)

問題はボディ主導か腕主導かの違いでしょうね。

もちろんボディ主導が正解です。

腕の動きは極力小さくするように心がけたほうが良いでしょう。

多くの男性もリードはしているでしょうが、次のステップが何かを伝える程度ではないでしょうか。

リードの役目として、次のステップが何か、なんてのは最低限。

その他にタイミング(タメ、キレ)、方向、歩幅の大きさなど。

例えば女性の右足を前に出させるとして、どのタイミングでどの方向にどれくらい出させるのか。

感覚的にはタイミングは10分の1秒以下、方向&歩幅のズレは1cm以下でコントロールできると思います。

自分の思ったところに刹那なタイミングで動いてもらえるようリードしてください。

ハイ、これはなかなかの高等技術と言っていいでしょう。

でもここがダンスの最高に楽しいところ、醍醐味と言ってもよいでしょう。

男性はもちろん、女性もバッチリピッタリのリードを受けて踊れればこの上ない快感が得られると思います。

さて、ではそのような踊りをするためにはどんな練習をすればいいのか?

いろいろありますが、今回は男性がステップをしないでボディリードのみで踊ることをお勧めします。

この記事を書きながら、過去に一歩も動かないルンバデモをしたことを思い出しました。

前後に多少演出が入っていますが、中身で私は一歩も動いていません。

実はこのとき、ステップも大まかにしか決めていません。

女性が踊っているのはほぼ全てベーシックステップです(若干のアレンジはありますが…)

女性だけ見れば普通にベーシックを踊っているように見えるかもしれませんが…

男性が一歩も動かさずリードのみで女性を踊らせているところが「肝」

コレの難しかったところは男性に位置の修正ができないところにあります。

通常男性は踊っているときによく見えるよう位置の微調整を繰り返しています。

今回はそれがないので、女性はいつもより大きく踊ったり小さくしたりしないとうまくいきません。

そこに男性の繊細なリード力、女性の敏感なフォロー力が必要になってきます!

私たちは踊るときにタイミングを決めません。

変な話し、前もって決めておいたら本当の意味で一体感のある動きになりません。

その場で決まるタイミングこそ緊張感と一体感のある動きになるのです。

なので普段からいろいろなタイミングで踊れるような練習が必要。

競技会などどんな曲がかかるかわかりません。

その瞬間に聞いた曲にピッタリ合わせるためにはどんなタイミングでも自由自在にこなせる能力が必要です。

この動画では私のリードにピッタリ合わせて踊り切った純代先生に「あっぱれ!」です(笑)

練習の一環としてゼロステップルンバをやってみてはいかが?

男性諸君、一歩も動かなくてもルンバデモできるよ♪(笑)

それでは、また。。。

【石川浩之 Twitter】(←クリック!)
【石川浩之 Facebook】(←クリック!)
【石川浩之 Instagram】(←クリック!)

【動画レッスン】YouTube(←クリック!)
【プロデモ動画】YouTube(←クリック!)
◆動画レッスン・基本・ルンバ・チャチャチャ編DVD、発売中◆(←クリック!)
◆動画レッスン・サンバ編DVD、発売中◆(←クリック!)
←1日1回1クリック!

最新情報をチェックしよう!

◆ダンスの動画の最新記事8件