YouTubeの収益って。。。

NO IMAGE

石川です。
今回はYouTubeの収益について考えてみます。

まず収益化の条件は…
・チャンネル登録数が1,000人以上
・年間再生時間4000時間以上

これらが達成されて初めて収益化できます、が…
チャンネル登録者1,000人って結構ハードル高いよ。

実際普通の人なら100人だって大変です。
人気次第ですが、半年で1,000人超えれば早いほうだと思います。

今、ダンス界でもYouTubeで配信をしている人が増えてきました。
ダンスを認知してもらえることを考えてもとても良いこと。

またダンサーとしての自分やお教室の宣伝にもなると思います。
ですが、何でも上げればいい、ってモンでもない。

もしかしてつまらないモノを上げ続けイメージダウン、なんて可能性も。
ま、特別費用がかかるわけではないので、上手く使えば良い宣伝にもなるでしょう。

現在は自宅待機中で暇つぶし的にアップしてる人も多いかもー。
その場合、収益とかは考えていないかな。

私の場合、何年も前にチャンネル作っていくつかレッスン動画をアップ。
そのまま何年も放置していたらいつの間にか登録者が3,000人を超えていてビックリ!

じゃ収益化してみよっとなり、それをきっかけに昨年末から動画先生を始めたのでした。
なのでそれまでの何百万回の再生は収益対象外(ちょっと残念)

ちなみに一般的な収益の多くは広告収入です。
動画の前や途中に出てくるアノ広告です。

数秒でスキップできるモノや最後まで見ないといけないモノ。
投稿者の設定でいろいろな広告タイプがあると思います。

私はほどんど初期設定のままなので詳しくありませんが、
広告タイプによっても収益率が違うようですね。

さて、登録者が1,000人を超えて無事収益化できたとする。
そうなると儲かるのか、というとそう簡単ではないです。

まず一般的に1回の再生での広告収入は0.05円~0.2円程度。
※人気やジャンル、広告のタイプなどで率は違うようです。

まあ平均ってことで1回再生0.1円としましょう。
なので10回再生で1円、100回再生で10円、1,000回再生で100円、10,000回再生で1,000円です。

ね、なかなか大変でしょ。
一般的に1,000回再生されれば大したモンだと思います。

仮に1ヶ月で1,000回再生されたとして100円もらえるかというと、そうではない。
累積して8,000円以上にならないと振り込まれません(保留され翌月に繰り越されます)

なので単純計算して月に80,000回再生されれば8,000円振り込まれることになります。
これまた単純計算で1,000回再生される動画が80個あればいけるはず。

でも次の月で誰も見てくれなければ収入0円になります。
良質な動画をどんどん上げ続けないと収入が持続できない、となります。

ま、極端に言いましたが、人気動画はある程度持続して視聴されるモノです。
とは言っても安定させるのは大変だと思いますが…

広告以外にも収益方法はあります。
・スーパーチャット(ライブ配信等で視聴者が直接寄付できる機能、通称投げ銭)
・チャンネルメンバーシップ(月額料金を払い特典が受けられる、チャンネル登録者3万以上)
・企業とのタイアップ動画(商品のコマーシャル等、チャンネル登録者10万以上)
・グッズ販売(オリジナルTシャツの販売等)

いろいろ言いましたが、どの世界も甘くないってことでしょうか。
収益目的ではなく、片手間でやっていてお金ももらえたらいいなーくらいに考えましょう。

私はそんな感じにとらえています。
おもしろいのはYouTubeの広告ってクリックしなくても良いのです。

クリックしなくても収益、クリックしたらさらに収益、なのです。
なのでとりあえず動画を見てくれればそれだけで投稿者のタメになっているのです。

私、個人的には皆さんのタメになる動画を上げているつもり。
そしてみんなが動画を見てくれればそれが収益に繋がる。

win-winの関係ってヤツ!

ちなみによく「いいね」や「高評価」おねがいします、というのがあるけど、
それらが多いほうが関連動画になり視聴されやすくなるってことらしい。

なのでお気に入りのチャンネルがあったら…
「チャンネル登録」「見る」「いいね」「シェア」コレだ!(笑)

動画提供者を応援していることになりますね。
コメントも喜ばれると思いますよ(悪口でなければ、笑)

以上、YouTubeの収益についてでした。
長文にお付き合いいただきありがとうございます。

それでは、また。。。


↑クリックが励みになってます!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!