なぜ外国人に勝てないか?。。。

石川です。

今回はみなさんから頂いたお題をテーマにしてみます。

◆何故?外人に勝てないの? (生真面目ダンサー)2011-07-12 14:11:38
歯がゆい思いをしています。なぜ日本選手は外人に勝てないのでしょうか?
外国で開催される大会はもちろん、日本で開催される大会でも、常に上位は外人勢。
何が足らないんでしょうか、石川先生!!

■私の考え
ハイ、いろいろ足りないと思います。
まず、誤解のないように補足します。

外国人でも下手な人がいっぱいいます。
当然それらには勝てます。

日本で開催される大会に参加(招待など)するのは、
世界のファイナリストたちですので、そこには勝てません。

質問の主旨は日本人ダンサーが世界のトップと互角に戦うには?
ということだと思いますので、その辺を考えてみます。

以前はスタンダードはもとよりラテンも世界のトップクラスでした。
少しずつ成績が下がり始め、決勝に入れず、準決にも残れない…となってきました。

ダンスも年々進化しています。
単純に考えれば、回りの進化についていけてない?

技術レベルがそんなに下がった感じはしないのですが、
世界の選手層が厚くなった気はしますね。

日本人のレベルも上がってはいるのです。
でも世界の平均レベルはもっと上がってるので成績は下がってしまう。

団体の分裂などで組織の弱体化も原因の一つだと思いますが、
それだけの問題ではないでしょう。

日本人は、体型的にもともと社交ダンスには不向きな民族だとは思います。
が、最近では欧米人並みの体型の人も増えていますね。

子供の頃からの育成もまだまだ弱いとは思いますが、
以前はもっと少なかったのに世界で通用していたのです。

これはすべて個人の頑張りによるもの。
私より上の世代の人の話しを聞くと…

やはりもっと練習していた!そうです。
時間的な問題ではなく気持ちの問題。

今の現役で本気で命を懸けている選手がどれだけいるか!?
古いと言われるかもしれませんが、ハングリーさが足りないと思います。

今どき「根性論」を説いても理解されにくいかもしれませんが、
別にウサギ跳びをやれ、と言うわけじゃない。

ちゃんと勉強をして、理論と実践、計画を立て効率の良い練習を繰り返す。
これだけでもかなり上達していけると思います。

でも世界のトップを目指すならこれだけじゃダメでしょう。
もっと貪欲に社交ダンス以外のモノ(他のダンスや芸術)も全て吸収!

さらにそれらを自分なりに消化してダンスに活かしていく。
最近の選手はこの辺のアイデアが少ない気がします。

誰を見てもオリジナリティーが少ない。
はっきり言ってどの選手もほとんど同じような踊りです。

教わったことしかできないと言うか(それすらできていない?)
自分で考える量が少ないと思います。

もっと誰もやったことのないオリジナルステップを考えるとか、
独創性のある衣装、独特のタイミング、驚異的な運動量、信じられないスピードなど…

どれもそこそこな選手ばかり…だから結果もそこそこ。
スペシャルな選手がいない。

できるかどうかの前にまず求めないと得られません!
いろいろな限界をぶちやぶっていく!そんな気概が欲しいです。

私も今はラテンは引退しましたので、そちら側(育てる側)の一人です。
世界で通用する選手を育てたいですね。。。

『フォトチャンネル一覧はこちら!』

◆動画レッスン・サンバ編DVD、発売中◆(←クリック!)
■サンバの基本、バウンズ、カウント、ウォーク、ベーシック…など収録!
◆動画レッスン・基本・ルンバ・チャチャチャ編DVD、発売中◆(←クリック!)
■動画レッスン、基本のムーブメント、フリーアーム、各ウォークなど…収録!
クリックで動画レッスンページ!
クリックでプロデモページ!
←1日1回1クリック!
携帯からもクリック!今のランキングは?
このブログはリンクフリー、自分のHP、ブログにどうぞ!
ブログ http://blog.goo.ne.jp/ishi-hiro-d-s/

最新情報をチェックしよう!

◆ダンスの色々…の最新記事8件