チャチャチャチャ。。。

石川です。

たまにはダンスのお話をしよっかな(笑)
今回は「チャチャチャチャ」です。

ん、「チャ」が一個多いと思われたかもしれませんが、コレでいーーんです!
チャチャチャをリズリカルに踊る方法を伝授します!

まずは基本のリズム構成ですが、
一般的に「ツー、スリー、チャチャチャ、ツー、スリー、チャチャチャ…」と数えられています。

が、コレがいけない!
こう言いながら踊るとキレのないダラダラした踊りになってしまいます。

「ツー」1拍、「スリー」1拍、「チャチャチャ(フォーエンドワン)」これで2拍。
この「フォーエンドワン」をさらに分解すると「フォー」1/2拍、「エンド」1/2拍、「ワン」1拍。

「フォーエンドワン」は半分、半分、一つの長さになっています。
ここをみんなは「チャチャチャ」と数えるので同じ長さになっている。

個人的にコレはこのダンスの名称を「チャチャチャ」と決めた人が悪いと思う(笑)
絶対同じ長さと誤解されるモン、「チャチャチャー」にしとけば良かったのに。

さて、わかってきたかな。
この「チャチャチャ」のところをリズミカルに踊ることが大切。

そのためには「ワン」のところを長くとること。
残念ながら多くの人が「ワン」が短めです。

だって「チャチャチャ」と言ってたら全部同じ長さになっちゃうモンね。
そこで「チャチャチャチャ」です!

「ツー、スリー、フォー(チャ)エンド(チャ)ワン(チャチャ)」
「チャチャチャー」でもいいけど「チャチャチャチャ」のほうがお勧めですね。

最初のうちはぜひ声に出して言いながらやってみてください。
「ツー」のキレとか絶対良くなっているから。

さらにもっとリズミカルにするなら「ツッ、スリッ、チャッチャッチャッチャッ」です!
数えるときに小さい「ッ」を入れるともっとキレッキレの踊りになりますよ♪

「ツー、スリー、チャチャチャ」と言いながら踊るのと、
「ツッ、スリッ、チャッチャッチャッチャッ」と言いながら同じ足型を踊り比べてみてください。

全然チャチャらしさが変わっているはず。
ちなみにキレが良くなりますが、すっごく疲れます(笑)

もちろん他の部分、ボディムーブメントやレッグアクション、フリーアームなども大切なのですが、
比較的簡単にできて効果の高い練習方法です。

音をクリアにする、または表現する…
これをカウント通りに正確に踊ると勘違いしないよーに。

ぶっちゃけ音を外せば外すほどクリアになるんだけど…
これはまたの機会にしましょ☆

今回は簡単にチャチャらしく踊る方法でした。
それでは、また。。。

【動画レッスン】YouTube(←クリック!)
【プロデモ動画】YouTube(←クリック!)
『フォトチャンネル一覧』(←クリック!)
◆動画レッスン・基本・ルンバ・チャチャチャ編DVD、発売中◆(←クリック!)
◆動画レッスン・サンバ編DVD、発売中◆(←クリック!)
←1日1回1クリック!
☆携帯・スマホからもクリック!ご協力ありがとうございます♪

最新情報をチェックしよう!

◆ダンスの色々…の最新記事8件