動画先生の作り方。。。

石川です。
今回は「動画先生の作り方」を説明します。

まず動画撮影、私はスマホで撮っています。
まあビデオカメラのほうが綺麗でしょうが、スマホでも十分なレベルでに撮れます。

そのときの内容を決め、スマホ設置、録画スタート!
短くいくつかに区切って撮影。

一回で3~5本くらいまとめ撮りしておき、データをスマホからパソコンに取り込む。
動画編集、余分な部分をカット。

ちなみにスマホ撮影には弱点があるのです。
それは音声、声が小さくなってしまうこと。

画質は十分なのですが、スマホから数メートル離れていると声は小さくなっちゃいます。
コードレスのピンマイクでも使おうか考えていたのですが…

気付いた、動画編集で音量アップすればいいんだ!
いちいちピンマイクなど使わず撮れたほうがお手軽です。

で、自分のパソコンにあるいくつかの編集ソフトでやってみたけど、
うまく音量が上げられなかった。

今使っているのはオンラインサービスで登録不要で使えます。
Increase Video Volume Online (←クリック!)

操作も簡単、ファイルをアップして何デシベル上げるか決めるだけ。
※1ファイル最大500メガまで。

今度はそれらのファイルを繋げて文字起こし。
ここも何を使うかいろいろ悩んで、結局現在はムービーメーカーを使っています。

まあ複雑な作業をするわけではないので十分なのですが。
タイトル入れて、ファイルの切り替えエフェクトをかけて…
文字を打ち込み、文字の位置、サイズ、縁取り、色、長さなどを設定。

はっきり言ってここが一番時間がかかるところ。
一本で2~3時間はかかるかもしれない。

全部終わったら確認、変換してパソコンに保存。
次がそのファイルをYouTubeにアップ。

各種設定してアップ完了。
そこまでやってやっと記事が書けます。

動画のリンクを貼って公開すれば終了。
とまあこんな感じです。

最初のころよりは少し慣れました(笑)
それでも5~10分の動画アップに3~5時間くらいかかってます。
文字入れしなければだいぶ時間の節約はできそうなのですが…

今回「動画先生」ではスマホで見てくれる人を考え、音声なしでもわかるようにしたかった。
なのでどれもミュートでも内容がわかるようになっているはず。

動画の中身は、初心者でもわかるかもしれませんが…
はっきり言ってかなりハイレベルな内容にしています。

世の中初心者講習的なモノはたくさんあります。
そうではなく中級、上級、いやプロが見て納得するくらいのレベルにしています。

もちろん初心者の方たちにとっても重要なことです。
基本とは初心者もやるけど上級者も(上級者こそ?)常に必要な練習なのです。

出し惜しみは一切なし、秘蔵テクニックをどんどん紹介していきます。
大丈夫、1000本アップしてもネタには困らないから(笑)

願いは一つ、みんなが上手くなって楽しく踊れるようになることです!
(↑↑↑決まった!、笑↑↑↑)

これからも「動画先生」に期待していてください♪
それでは、また。。。


↑クリックが励みになってます!

最新情報をチェックしよう!

◆ダンスの色々…の最新記事8件