レスキュー隊?。。。

今回はラテンの時の「組み方」です。
簡単に言えば手の形の事です。

これも先生によって違います。
今回は私のお勧めの組み方を説明しますね。

まず男女ともに手首を折らない事。
あと指を曲げない事。

指の第三関節?(付け根)を曲げて指は曲げない。
腕から指までがほぼ直角になります。

男女とも形は一緒。女性は上からで、親指は使いません。
男性の親指は軽く上から押さえます。

以上、基本的な組み方です。
ここで強く言いたいのは指を曲げないで下さいって事。

多くの人の指が曲がっています。
もしもあなたが指先から1cm位出る付け爪をしていると考えて下さい。

すぐ取れてしまうのでは?
接着力の問題だけでなく、指の使い方の問題です。

上手い人は長いネイルでもちゃんと取れずに踊れます。
逆に練習で長い爪にして正しい使い方を覚えるって手もあるかも。

あと生徒さんと踊っている時など、
ふらついたりしたら助けてあげたいのです。

しかしギュ~っと握られているので助けられません。
生徒さんはバランスを崩し、先生にしがみついているのです。

握らなければ助けてあげられるのに・・・
そう、まるで溺れている人を助けに行ったレスキュー隊の気持ち?

「助けてあげるから、しがみつかないでくれ~~!
そんな気持ちがよく分かります。

面白いもので、握る人(指を曲げる人)は手が取れ易いのです。
手を返したりする時に指が引っかかり弾けてしまう。

手が取れたので次はもっと強く握るのです。
もっと取れ易くなります、すると次は・・・悪循環ですね。

普段踊っているときに手が取れ易い人、
指が曲がって握り過ぎかもしれませんよ~。

逆に握らなければ取れないのです。
軽く引っ掛かっている程度ですね。

組み方一つでも全然踊り易さが違います。
みなさんもこの組み方で練習してみて下さい。。。


↑クリックでイシカワヒロユキダンススタジオのHPに移動します!

←1日1回1クリック!
組み方分かった人、お願いします!

このブログはリンクフリー、自分のHP、ブログにどうぞ!
貼り付け用アドレス(トップページ)
ブログ http://blog.goo.ne.jp/ishi-hiro-d-s/
PC用ホームページ http://www.ishikawa-dance.com/
携帯用ホームページ http://www.ishikawa-dance.com/mobile/

最新情報をチェックしよう!

◆ダンスの色々…の最新記事8件