ジャパンカップは三強対決!?。。。

  • 2020年11月27日
  • 日記
  • 26view
  • 0件

ヒロです。

今年のGⅠジャパンカップは熱いぞ!

11月29日、東京コースの芝2400mは、すごいことになりそうです。
日本馬だけでも「これ以上ない」というほどの、夢の対決が実現する。

無敗の三冠馬、デアリングタクト(牝3歳)とコントレイル(牡3歳)の対決だけでもすごいのに、史上初の芝GI8勝を記録した”現役最強馬”アーモンドアイ(牝5歳)までが参戦。

これほどの豪華メンバーの共演は、今後も見られないかもしれない。日本の競馬史上最高の「3強対決」と言っても過言ではないでしょう。

過去の「3強対決」と言えば、1970年代の”TTG対決”、1976年に3歳クラシックを争った同期の、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラス。

この3頭は、いずれも年度代表馬に選ばれていて、トウショウボーイはGI皐月賞と有馬記念を制した1976年に、テンポイントはGI天皇賞・春と有馬記念を勝った1977年に、グリーングラスは有馬記念で有終の美を飾った1979年に受賞している。

次に、オグリキャップ、スーパークリーク、イナリワンの、いわゆる「平成の3強対決」オグリキャップとイナリワンは地方競馬出身で、スーパークリークは中央のエリート。それぞれが持ち味を発揮して、勝ったり、負けたりを繰り返しました。

そして今年、無敗の三冠牝馬デアリングタクトと無敗の三冠牡馬コントレイル、さらに史上初のGⅠ8勝馬アーモンドアイの三強対決。またこれらに割って入る馬がいるかもしれません。

馬番馬名性齢斤量騎手
1カレンブーケドール牝455.0津村明
2アーモンドアイ牝555.0C.ル
3ワールドプレミア牡457.0武豊
4キセキ牡657.0浜中俊
5デアリングタクト牝353.0松山弘
6コントレイル牡355.0福永祐
7ミッキースワロー牡657.0戸崎圭
8ウェイトゥパリス牡757.0M.デ
9トーラスジェミニ牡457.0田辺裕
10パフォーマプロミス牡857.0岩田望
11クレッシェンドラヴ牡657.0内田博
12マカヒキ牡757.0三浦皇
13ユーキャンスマイル牡557.0岩田康
14ヨシオ牡757.0勝浦正
15グローリーヴェイズ牡557.0川田将

優勝馬は一頭だけ!

三強対決が今後も見たいところですが、アーモンドアイはこのレースで引退を表明しているのでこの三頭が争うのはこれが最初で最後。どんな結末が待っているのでしょう?

私の予想ですか?三強が並んでゴール、三頭同着優勝です(笑)
冗談はさておき、名勝負を繰り広げて欲しいですね!

それでは、またー。。。

最新情報をチェックしよう!